ニキビの初期症状「白ニキビ」対処法

「白ニキビ」はニキビの初期症状。「コメド」や「閉鎖性面皰(めんぽう)」とも呼ばれます。
毛穴につまった角栓で、ふさがった毛穴に皮脂がたまり、ふくらんだ状態のことを指します。

白ニキビができるまで

以下のステップを通して、正常な状態のお肌に白ニキビが作られてしまいます。

  1. 余分な皮脂と古い角質から角栓が作られ、毛穴がふさがる
  2. ふさがった毛穴から皮脂が分泌できなくなり、毛穴に皮脂がたまる

すべてのニキビの根源、白ニキビ

思春期ニキビも大人ニキビも、すべてのニキビはこの「白ニキビ」の状態から始まります。
そして、たまった皮脂が酸化して黒くなる「黒ニキビ」、アクネ菌の繁殖により炎症が起きる「赤ニキビ」、化膿した「黄ニキビ」と、だんだん症状が重くなっていきます。
ニキビ痕を残さず、ニキビを早く治すためには、この「白ニキビ」の段階で適切な対処を行うことが大切です。
では、白ニキビができてしまう原因とは、一体何なのでしょうか?

白ニキビの原因は?

白ニキビの原因は「角栓が毛穴をふさいでしまい、毛穴に皮脂がたまる」こと。
毛穴をふさぐ角栓は、約7割が古い角質、約3割が皮脂でできています。
では、角栓はどのような原因でできてしまうのでしょうか?

角栓ができてしまう原因

角栓ができてしまう原因は、以下の3つです。

  1. 皮脂の分泌が多いこと
  2. 肌が乾燥していること
  3. お肌のターンオーバーが遅いこと

皮脂の分泌が多いと毛穴がつまりやすくなり、角質になる可能性が高くなります。
また、お肌が乾燥していると肌表面の角質が固くなり、毛穴の開きが悪くなるため、毛穴がつまりやすくなります。お肌の新陳代謝が悪く、ターンオーバーが遅くなると、お肌の表面に古い角質がたまっていきます。
そうしてたまった古い角質や皮脂が毛穴につまり、角栓ができてしまい、白ニキビになってしまう、という訳です。
では、白ニキビができてしまったら、どう対処すれば早く治すことができるのでしょうか?

白ニキビの治し方は?

ここまで見てきたとおり、白ニキビの原因は、毛穴につまった角栓と、毛穴にたまった皮脂であることがわかりました。

白ニキビ対処法

白ニキビの原因、角栓と皮脂への対処法としては、以下の2つが挙げられます。

  1. 毎日の洗顔で角栓や古い角質を取り除く
  2. 過剰な皮脂の分泌を抑えるためにしっかりと保湿する

白ニキビの場合、まだアクネ菌が繁殖していないため、ニキビ用の洗顔料や化粧品を使う必要はありません。
ニキビケア用の洗顔料や化粧品には、アクネ菌を殺菌するための成分が含まれていることがあり、肌への刺激が強いものが多いです。
安易な使用が肌トラブルの原因となることもあるため、ニキビの状態がひどくない場合は「ニキビ用」を選ぶ必要はありません。
また、長期的に白ニキビができないお肌を目指すためには、お肌のターンオーバーを正常化させ、お肌のうるおいと皮脂のバランスを整える必要があります。

白ニキビさんのおすすめスキンケア

以上を踏まえて、白ニキビでお悩みの方用のスキンケアを3つのポイントにまとめました。

週に一度のピーリング洗顔で角栓除去

古い角質を落とし、毛穴につまった角栓を除去するにはピーリング洗顔が一番です。
ピーリング石けんや酵素石けんを使って、週に一度、ピーリング洗顔を行いましょう。
週に一度では物足りない場合、逆に肌への刺激が強い場合は、自分のお肌に合ったペースを探りながら、適切なペースでピーリング洗顔を行うと良いでしょう。
普段の洗顔は、肌にやさしい「ふきとり化粧水で角質をしっかりオフ

毎晩、クレンジングと洗顔が終わった後は、ふきとり化粧水で肌表面の角質をふきとります。
ふきとりを行うことで、洗顔では落としきれなかった汚れや角質をしっかりと取り除くことができます。
ふきとり化粧水のオススメは、「オードムーゲ」と「明色美顔水」。
化粧水をたっぷりとコットンにとり、ゆで卵の表面をなでるようにやさしくふきとるのがポイントです。
こちらもピーリング洗顔と同様、自分の肌の調子に合わせて、頻度を調節しましょう。

油分少なめの化粧品でたっぷり保湿

角質を取り除いた後のお肌はとってもデリケートな状態。
しっかりと保湿を行い、肌にバリアを作ってあげる必要があります。
脂性肌(オイリー肌)の方なら100%オイルカットの「
nov/”>ノブACアクティブ」、ノーマル肌の方なら「カテゴリーニキビの種類タグ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です